松久外吉のチラ裏

主に自分の趣味についてひっそりと書きます

2017年夏に観たアニメの感想

 2017年第3四半期に見終わったアニメ(過去作品含む)の感想。上からだいたい好きな順。

Sランク 「自分の人生に影響を与えた!」.  該当なし.

Aランク 「このアニメ、最高に面白かった!」

  • Fate/Zero  Blu-ray Box持ってるので2周目を観た。やっぱり最高。特典のアインツベルン相談室はいろいろ解説してくれて助かる。

Bランク 「とても面白かった!」.

  • サクラクエスト
     安定して手堅く面白かった。自然と主人公達に感情移入できた。笑えるシーンもいい話も多かった。

  • Re:CREATORS
     架空作品の登場人物たちが現実に現れると言う、なかなか扱いが難しそうなテーマに挑戦したのは評価したい。かなりうまくやっていたと思うけど、それでもどこかご都合主義な感じは残り続けた。作品世界で理不尽だったり不幸な運命に死に物狂いで抗ってる登場人物たちが、作者の作品愛に触れて味方になるのはやはりご都合主義感が否めない。また、現界したキャラのこの世界で死亡するってのも実際どういうことなのか考えるとよく分からなくなる。「元の世界に帰る」ってのも。そもそもその世界は、作者が考える前から存在したのか、考えてから発生したのか、作品が発表されてから発生したのか、ある程度人気を博して「承認力」を得てから発生したのか。作品が完結したり、忘れ去られたらどうなるのか?その辺はあまり深く考えないようにして楽しんだw。
     クリエイター達の創作への熱い想いの描写は印象的だった。
     ジャンル違いのひかゆがメチャクチャ強くなってて笑った。

  • てーきゅう 第9期
     今回も面白かった。10期あるといいな。

  • アホガール
     面白かった。ギャグがパワフル。

Cランク 「普通に面白かった」

  • 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇
     展開がシリアスになってもギャグを忘れないのが素敵。

Dランク 「もっと頑張って欲しかった」

  • 異世界食堂
     中世風ファンタジー異世界の遅れた食文化から来るお客に、現代日本の優れた食文化を見せつけてSUGEEEする構図が、僕の嫌いな『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』みたいってことに、パスタ回辺りで気づいてげんなり。調べてみたら「小説家になろう」掲載作品だったのね。どーりで…。
     そこに目を瞑れば、クオリティの高い作画とかちょっとハートフルなエピソードとか飯テロ的な美味しい料理の描写とか可愛い女性キャラとかは楽しめた。

Eランク 「別に観なくても構わなかった」
 最後まで見終わって後悔した作品は無し。途中で挫折したのがナイツ&マジックナイツ&マジックも「なろう系」と知らずに観始めたが終盤手前で挫折。なろう系俺TUEEEは生理的に無理みたい。今後は観る前になろう系かどうか確認して0話切りするつもり。

iPad Proのスクリーンに傷が…

 iPad Proのスクリーンに傷があることにたった今気がついた。

iPad Pro 10.5インチ購入

 液晶保護シートも本体ケースも無しで裸で使ってる。 液晶保護シートはせっかくのiPad Proディスプレイの低反射コーティングが無駄になるかと思って。Apple Pencilを保護シート無しで使うのはちょっと怖いけど、きっとAppleも、Apple Pencilでそう簡単に傷がつかないように設計してるはずさ!信じてる!(すぐに心が折れて保護シート貼る予感)

多分、Apple Pencilで傷つけた。大人しく保護シート買ってきます(涙)。

iPad Pro 10.5インチ購入

 iPad Pro 10.5インチがやっと届いた。

購入したのは、

  • iPad Pro 10.5インチWi-Fi スペースグレイ

  • Smart Cover(ミッドナイトブルー)

  • Apple Pencil

Smart Keyboardも気になるけど、それほど外でガシガシとタイピングしないし、家に古いApple Magic Keyboardあるから必要性低いと思うので見送り。総重量を増やしたくないのでSmart Coverで良いか、と。いざとなったらサードパーティのモバイルキーボードでも良いし。

 液晶保護シートも本体ケースも無しで裸で使ってる。 液晶保護シートはせっかくのiPad Proディスプレイの低反射コーティングが無駄になるかと思って。Apple Pencilを保護シート無しで使うのはちょっと怖いけど、きっとAppleも、Apple Pencilでそう簡単に傷がつかないように設計してるはずさ!信じてる!(すぐに心が折れて保護シート貼る予感)

 ファーストロット避けで発売から少し時間をおいて、(ポイント欲しさに)家電量販店で注文したら、そこからさらに5週間待つ羽目になった。

 先週から使ってるけど、第3世代iPad(初Retina)からの乗り換えなので、メチャクチャ速い!メチャクチャ軽い!快適だわ。古いiPadでは使えなかったTouch IDやSplitViewもやっと使えるようになったし。良い相棒になりそう。

「好きなアイス」

今週のお題「好きなアイス」。

パルムは自分にとって「ジェネリックハーゲンダッツ」。味はハーゲンダッツと比べても遜色ないのにずっと安い。

SUNAOは80kカロリーで罪悪感少なめなのに美味しい。

2017年春アニメ感想

 2017年第1四半期に見終わったアニメ(過去作品含む)の感想。上からだいたい好きな順。

Sランク「自分の人生に影響を与えた!」
 該当なし

Aランク「このアニメ、最高に面白かった!」

  • 冴えない彼女の育てかた♭
     第1期から何でこんなに間が開いた?今回も萌えあり、サービスカットあり、笑いありだったが、ストーリーはさすがにクライマックスで盛り上がった。各キャラが感情を爆発させるところはグッときた。まさか加藤さんまで!

Bランク「とても面白かった!」

  • この素晴らしい世界に祝福を2
     今期の新作ではないが、遅ればせながら観た。第1期に引き続き、第2期も安定の面白さ。笑えた。バニルがいいキャラだw。

  • 進撃の巨人 Season 2
     まさかのライナーが一番の驚きだった。秘密が暴露されてさらに謎が深まったりで、面白かった。

Cランク「普通に面白かった」

  • ID-0
     テクノロジーがものすごく発達した未来の話とは言え、悪い意味でテクノロジー設定が便利に使われて安っぽく感じた。2クールで設定に説得力を持たせるべくじっくり描かれていたら、また違った感想になっていたかも。

  • エロマンガ先生
     ハーレムアニメ特有の超ご都合主義が酷すぎるが、そこをどーこー言うのはお門違いなんだろう。この作品のお客が期待するサービスにはハイレベルでしっかり答えていたと思う。美味しすぎるハーレムとか妹萌えとか。作画クオリティ高い。

Dランク 「もっと頑張って欲しかった」

  • 正解するカド
     重厚でよく練られたSFかと思ったら、えらくアナクロで安っぽい物語だった。しかもBL風味。異方のテクノロジーの輸入に反対する理由が何だかふんわりした理由だった辺りで嫌な予感がし始めた。そしたら美少女戦士サラカさんw。もはやただのネタアニメ

Eランク 「別に観なくても構わなかった」

該当なし。

 忙しいので新作の視聴作品数が減ってきてる。代わりに、過去作品で評価が高かったものを観たりとか、一度観てるけど大好きな作品を観直したりしてる。

2017年冬アニメ感想

 主に2017年冬アニメの感想。去年の作品も。上からだいたい好きな順。


Sランク「自分の人生に影響を与えた!」
 該当なし


Aランク「このアニメ、最高に面白かった!」
 該当なし


Bランク「とても面白かった!」

 面白かった。社会の理不尽から這い上がり、いい所まで上り詰めるも窮地に陥り、それでも必死に“死ぬまで生きる”鉄華団の“家族”の姿に感動。悲壮なラストだったが、ジュリエッタのように支配層にいながらもヒューマンデブリの立場に理解を示す人がいたり、新しい命が生まれたりに救いを感じた。

 秋葉原には思い入れはあるので(言うほど行ってないけど)、楽しかった。メイドやアイドルなどの今主流のアキバのネタだけではなく、アマチュア無線自作PCとかいろいろ扱われたのも良かった。内容もノリの良くてツッコミどころ満載のテキトーさが笑えた。続編希望。

 キャラクターデザインとかビジュアルでは『ろんぐらいだぁす』より好みなんだけど、レースの部分は個人的に「自転車アニメ」に求めているものではなかったので、このままスポ根ものにならないかと心配した。その後のツーリング編のようなものをもっと観たかった。A応Pの自転車入門は参考になった。続編希望。

 面白かった。最後に救われた感じで終わるのも良かった。声優さん達の演技がとにかくすごかった。

 すみません、2017年冬アニメではありません。第1期です。今さら観ました。いやー、笑えた。とても面白かった。30分アニメでこれだけ安定して面白いのは素晴らしい。現在、第2期鑑賞中。

 内向的な性格にシンパシーを感じつつ、暖かい人たちとのふれあいからの「人としての成長」「棋士しての成長」の描かれ方が、どちらもいい感じ。

 戦国鍋TVは観てませんでした。すみません。ツッコミどころ満載で面白かった。“鳥獣戯画”の絵で動くアニメが個性的で、動物で描かれた戦国武将が現代言葉喋りなのがユルくて良い。何と言っても信長がホトトギスなのが最初のツッコミどころw。鳴かすとか殺すの前に自分で鳴くんかいっ!


Cランク「普通に面白かった」

 笑いあり、いい話ありで、普通に面白かった。小林さんがダメ人間のフリした人格者だった。最初は京アニと気づかなかった。

 フリーダム過ぎる面白さ。人気女性声優が演じるキャラに処女厨ネタやらせるとかw。

 テンポ良くて笑える。安定して面白い。オーソドックスな笑い。

 あざとさ上等!カントクキャラが可愛い。


Dランク 「もっと頑張って欲しかった」

 サービスシーンに惹かれてついつい観てしまったが(汗)、古臭くてベッタベタなラブコメ。古臭いのが悪いとは言わないが、小雪と別れて風夏に告る流れは全然説得力なかった。納得のいく心理描写が欲しかった。小雪と交際してる時に自分の気持ちにもっと疑問を感じているシーンを入れるとか。


Eランク 「別に観なくても構わなかった」

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(第2期)
 ufotableが好きなので我慢して観た。穢れと浄化とか不殺の信念の描かれ方とか、設定や世界観が昭和の中学生が考えたのかっていう古臭さ。そこに悪い意味で優等生なキャラクター達。映像や演出は良いんだけどね。元ネタがつらすぎる。

アニメ『ろんぐらいだぁす』が好き

 グダグタとまとまりもオチもなく書く。

 昔、たまたま安くクロスバイクを買えた。基本的にで生活の中の1つの移動手段(ママチャリの代わり)として乗っている。いい加減な扱い方だし真面目に長距離を走ったりもしないので「自転車乗り」なんておこがましくて決して自称できない。でも、最初は特に意識してなかったけど、だんだん、ママチャリと比べてはるかに楽に速く走れて、自分の脚で今までよりもずっと遠くまで走れることに感動を覚えるようになった。
 『ろんぐらいだぁす』はそういう感動がよく描かれていて、思わず共感しながら観てた(ニワカだけど)。残念な点を挙げるとすれば、無理にドラマを作ろうとして不自然になってる。普通に考えれば「初心者なんだから予め教えておいてやれよ」と思うようなことを教えていなくてトラブルになったり。それって見方によっては意地悪。でも、そういう部分を気にしなければ、自転車の魅力をよく描いていたと思う。
 以前は、『弱虫ペダル』の原作マンガを読んでいた。最初は自分には馴染みがない自転車競技の新鮮さや、スポ根にオタクの主人公という組合せの面白さで楽しんでいたが、主人公のオタク属性ネタや自転車競技の新鮮さが薄れてくると、「自転車じゃなくても、他のスポ根でもありそうな展開だなぁ」と思うようになり、飽きて読むのをやめてしまった。『南鎌倉高校女子自転車部』が前半から中盤にかけてレース展開になってしまってガッカリしたんだけど、終盤はツーリングになってくれて良かった。キャラクターデザインとかその他のビジュアルとかは『南鎌』の方が好み。最後のA応Pによる自転車入門は勉強になったし。ただ、自転車の感動については『ろんぐらいだぁす』の方が共感した。
 あと、ヒロイン・亜美の目標が「勝利」ではなく自分のペースで楽しみながら「完走」だったのも良かった。影山ヒロノブ作詞作曲のエンディングも良かった。歌詞が亜美の自転車ライフをよく表している。

今は少し 違う自分知りたいよ
やりたい事 色々あるけど 自分は自分らしく マイペースで

だから シャカリキにペダルまわした後は
アイスクリーム アイスクリーム
急ぎすぎず 時に立ち止まったって いいよね
どんなときも みんな居てくれるから 私は大丈夫
どこへだって 追いついてくから

勝者の考え方やアドバイスは、才能や根性のある優秀な人たちにしか通用しないけど、上記のような考え方はより多くの人にとって救いや癒しになると思う。自分は癒された。
 何かのアクティビティの素晴らしさを丹念に描く、無理せず自分のペースでコツコツと楽しみながらやっていく、と言う点では、『ヤマノススメ』と似ている気がする。『ヤマノススメ』も好きだった。「何かの素晴らしさを描く」と言う意味では、『孤独のグルメ』や『ワカコ酒』など飯テロ作品にも通ずるかも!?(無理がある)

 …と、まあ、思ったこと・感じたことを書いたが、まとまらないまま、オチもなく終わる。