読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松久外吉のチラ裏

主に自分の趣味についてひっそりと書きます

2016年アニメ感想

 2016年に観てて完結したアニメの感想。一部、万策尽きて完結が2017年にはみ出したものも含む。上からだいたい好きな順。


Sランク「自分の人生に影響を与えた!」
 該当なし


Aランク「このアニメ、最高に面白かった!」

 まあ、Blu-ray持ってるんだけどね。どういう風に再構成されるかも気になって観ました。やっぱ最高。ラストの展開は少々ニュータイプの奇跡に頼り過ぎだけど、人類の矛盾と祈りとか描けてるし、モビルスーツ戦はハイクオリティでカッコいいし。30分に再構成されたせいか、分かりやすさが増した気もする。

 素晴らしかった。地味めの題材ながら、丁寧な描写やハイクオリティな作画、引き込まれました。

 ロボットバトルも見応えあったけど、キャラの人間関係や日常エピソードも楽しかった。女の子キャラ可愛いし。ストーリーも、終盤に至っても変に過激な展開にしないのに、ちゃんと面白かった。最終回近くまで“日常”エピソードがあったのは地味にすごい。

 めちゃくちゃ面白かった。とにかく振り切れてた。下ネタも多かったけど、下ネタの是非とかいう次元じゃない振り切れ方。


Bランク「とても面白かった!」

 ドラマはやや不自然ながら、自転車の魅力が良く描かれていた。自分はクロスバイク持ってるが超ニワカなので偉そうなことは言えないが、ママチャリと比べると本当に翼が生えたかのように楽に遠くまで走れることに感動したので、「亜美の気持ち分かる〜!」と共感しながら観てた。いや、亜美に比べれば全然マジメにやってないんだけど。

 第1期の感想。『あの花』の監督がまさかのガンダム。まさかの任侠ネタw。手堅く面白かった。

 やはり面白かった。途中の伏線とか設定とか忘れながら観てた自分の脳みそが残念w。ただ、もう少し分かりやすく親切に作ってくれても….。

 物議を醸した最終回付近を除けば、毎回爆笑させられました。面白かった。

  • この美術部には問題がある

 こちらも毎回笑えました。女の子キャラ可愛い。絵柄も好み。


Cランク「普通に面白かった」

 一部の京アニ作品が僕の中での京アニブランドのハードルを上げまくっているので、この作品は京アニ作品の中では正直小粒に感じた。でもまあ、世のアニメ作品の中では十分なクオリティだし、ストーリーは陳腐と言えば陳腐だが、深く考えずに気楽に観れば楽しめた。

 世界観とかコイルの設定には可能性を感じているのだが、正直、ストーリーは平凡だった。作画&映像がとても良かった。ミラが可愛い!俺の中でミス・2016年アニメヒロイン優勝。

 面白かった。ストーリーもさることながら、声優さん達の演技力に脱帽。

 面白かった。聖人だったり神だったりする石膏が現代日本でアイドルするって発想がぶっ飛びすぎてるw。ツッコミどころ満載。笑わせていただきました。

 このフリーダムなノリが好き。このセンスはかなり自分の趣味。お気に入りはまりも。

 ストーリーはまあまあ。言峰綺礼のラーメン屋とか笑った。stay nightの燃え要素出されると燃える。ローアイアスとか。

 可愛い女の子キャラと地方の風景とまったりした作風。そしてちょっと不思議な魔法方面のキャラ達とのユーモラスな絡み。癒されました。

 料理を通じて育まれる親子の絆とか、その他いろいろほっこりする。

 パンツをズボンだと強弁するネタアニメの分際で、実に熱い物語で面白かった。作画やCGのクオリティは少々残念だったけど、グリグリと良く動いた。

 映像は超キレイ、物語もスタートダッシュは凄かった。後半は尺のせいか、御都合主義展開や描写不足などが目立ったのが残念。

 ミトンがあまりにも音速丸に似てたので食いついてしまったw。魔法少女モノのお約束をネタにしてるのが面白かった。

 面白かった。推理モノとしてだけでなく人間ドラマとしても。真犯人に意外性はなかったが。

 アニメ絵にモーションキャプチャの映像が気持ち悪かった。細かい体の揺れとか。正直、映像的には不快だった。ストーリーは悪くないが、今日日、こういった殺伐とした作品も多いので、新鮮味もなかった。
 …と言うのが第1期を観終わった時の感想。第2期は物語も盛り上がって面白かった。ただし、ラストが「主人公の潜在能力が運良く覚醒」だったのは残念。

 クオリティと原作の再現度はさすが。今観ると、結構御都合主義展開あるな…。

 もう伏線とか設定とか忘れまくってた。最後はセルティの超常の力でご都合主義的に収束させた感がある。帝人が何だか思ったよりショボかった。まあまあ面白かった。

 映像は最初は新鮮だったけど、次第に人形のぎこちなさに飽きてきた。もちろん他の人形劇と比較すれば、自然でよく動いて素晴らしかったけど。内容は、まあまあ良かった。最後は明かされたキャラ設定をオチにした。大した伏線もなくズルいオチだが、主人公カッケーーー!が気持ち良かったから、まあいいか。てか、ここまでがキャラ説明で続編が本題か?

 基本的に好きなシリーズなので評価は甘め。結構強引にオチをつけてるエピソードが多かった。暦が死んでるラストにビックリ。

 映像が良い。美しい。話が切ない。良かった。

 面白かった。

 てーきゅうのスピンオフながら、てーきゅうに比べてドラマがあってビックリw。

 ノリが好き。

 ノリは好き。

  • あにトレ!!XX

 エロい。

 基本的に六道神士のギャグは好きなんだけど、思いの外「いい話」に寄ってて、期待外れだった。お行儀の良いエピソードはもっと少なくていいw。

  • 大家さんは思春期

 大家さんが可愛くて、キャラも面白い。

 いい感じ。『ハートカクテル』思い出した。

 「思春期男子はこういうの好きだろ?」的なエロネタがあざとかったが、そこそこ笑えた。

 女たちの執念が何気に怖かった。

 往年のビッグタイトルも、今となっては陳腐なのは否めない。遅すぎたんだ。

 ご都合主義で話が回るのが面白かった。


Dランク 「もっと頑張って欲しかった」

 良くも悪くもB級作品。エンタメとして迷いがないというか。殺伐としたバトルに唐突にギャグを入れて来るし、百合とかエロとかサービスあるし。負傷や人死に遠慮がないのは特に楽しくもなかったけど。ストーリーは何だかご都合主義。

 前半はクズなキャラ達のクズっぷりが面白かった。後半のシリアス?はなんだかなー。要らなかったんじゃ?

 話題作らしいけど、正直期待外れだった。クレイジーなキャラが大暴れするのが魅力なのかもしれないが、似たようなキチ◯イキャラがあんなに沢山いると食傷気味。

 やりたい事は分かるんだけど、トラウマ解消が簡単過ぎてリアリティなかった。

 思ったよりつまらなかった。波乱も大してハラハラせず、退屈だった。

 ビジュアルは好き。途中から何が面白いのか分からなくなった。里見の動機と正体が唐突だなぁ。子供のごっこ遊びのような作品。どうも僕は水島精二と相性悪い。彼が作品で語る堅いテーマって、中学生の理屈のような薄っぺらさを感じる。ガンダム00の戦争というテーマについてもそうだったし、コンレボに至っては、正義論はネタかと思ってた。

 ufotableにはいつも期待してるんだけど、今回はつまらなかった。映像は素晴らしいんだけど。ゲーム原作って何気にアニメ化難しいのかな。ゲームの文脈をそのままアニメに持ってくると、色々不自然でワザとらしくなる。それに加えて、尺が限られてるのにゲームの宣伝のためかベルセリアのエピソード挟んだり、設定が「穢れ」とか「天族」とか古臭かったり、キャラも古臭い感じの優等生ばかりで、例えばアリーシャの「専守防衛」もそこに至る説得力のある経緯や動機も描かれず青臭かったり嘘くさかったり、いろいろ残念だった。


Eランク 「別に観なくても構わなかった」

 初回の歌とダンスのある戦闘シーンで「おおっ!」ってなったんだけど、その後は何かグダグダ。物語は陳腐だし、キャラの言動にも説得力が無い。アクエリオン辺りからの流れの外連味盛ってるキャラも「お前らこーゆーのウケるんだろ?」ってドヤ顔が透けて見えるよう。前半の美雲とか。ショープロレス的なワザとらしさにウンザリ。